やまがた企業イクボス同盟

「やまがた企業イクボス同盟」の設立について

 ワーク・ライフ・バランスが実現できる社会を創り上げていくためには、男女の固定的な役割意識や長時間労働を前提とした働き方の見直しなどに企業が積極的に取り組んでいくことがより重要になります。
 取組みを実践していくためには、部下の仕事と子育てなどの家庭生活を応援する「イクボス」の存在が大きいことから、企業経営者の参画による「やまがた企業イクボス同盟」を設立し、イクボスの輪を広げながら女性の活躍や男性の家事・育児参画促進など、男女が共に仕事と子育てを両立できる社会の実現を目指すものです。

イクボスとは

 部下のワーク・ライフ・バランスを考え、その人のキャリアと人生を応援しながら、組織の業績と結果を出し、自らも仕事と私生活を楽しむことができる経営者や上司のことを指します。

「やまがた企業イクボス同盟」設立宣言

 人口減少・少子高齢化の進行により、社会を支える生産年齢人口が減少していく中、それらを克服し、「やまがた創生」を実現するためには、これまでの社会における男女の役割分担意識などの価値観を改めるとともに、長時間労働の見直しなど、働くすべての人が仕事と家庭生活を両立できるよう、企業が率先して取り組むことが求められる。企業自らの行動が、結婚、妊娠・出産、子育て、さらには介護にも温かい社会の実現につながり、企業も社会も活性化し、さらなる本県の発展にもつながっていく。

 志を共にする私たちは、「やまがた企業イクボス同盟」の設立をここに宣言し、部下の仕事と家庭生活の両立を応援するイクボスとして、相互に連携しながら、ワーク・ライフ・バランスの普及拡大を進め、女性が活躍し、男性の家事・育児が当たり前になり、働きながら安心して子どもを産み育てられる社会が実現するよう、全力で取り組む。

活動内容

活動方針

  • 結婚、妊娠・出産、子育て、女性の復職・再就職促進、介護との両立など、各ライフステージにおける社員のワーク・ライフ・バランスをサポート
  • 相互連携によるワーク・ライフ・バランスの普及拡大に向けた社会に対するアピール(メッセージ)と情報発信

企業としての取組み

  • 男女が共に仕事と生活の調和を図りながら働き続けられる職場づくりの実践
  • ワーク・ライフ・バランスに向けた更なる意識の向上・風土醸成

加盟企業を募集しています

参加要件

次の趣旨に賛同し、取り組んでいくことを決意していただいた企業経営者

  • イクボスとして相互に連携しながら、ワーク・ライフ・バランスの普及・拡大を進めていくこと。
  • 女性が活躍し、男性の家事・育児が当たり前になり、働きながら安心して子どもを産み育てられる社会が実現するように取り組んでいくこと。

参加申込

  • 「やまがた企業イクボス同盟参加申込書」により、下記担当まで申込んでください。

「やまがた企業イクボス同盟参加申込書」

担当

山形県子育て推進部子育て支援課 少子化対策担当
住所:山形県山形市松波2-8-1
電話:023-630-2668

このページのトップへ