やまがた企業イクボス同盟

イクボス同盟の取組み紹介「株式会社ジェイ・サポート」の場合

株式会社ジェイ・サポート
取締役副社長/経営管理室長 鈴木 政紀 さん

~ワーク・ライフ・バランスの取組みによる魅力のある企業へ~
弊社は経営構造の改革に取り組んでいます。
今後、中小企業数は将来大幅に減少すると言われている中、その対策の柱として人材確保と教育訓練が重要であると考えています。
まず、人材確保に必要な事は「魅力があり入社したいと思う会社づくり」でしょう。これは「ワーク・ライフ・バランス」を整えることだと確信しています。次に、「利益の源泉は人」であることから、その基盤となる「人づくり」、つまり教育訓練が重要となります。
以上が最重要事項と位置づけ、現在取り組んでいる私の仕事です。

㈱ジェイ・サポートのこれまでの取組み

  • ワーク・ライフ・バランス(WLB)の推進
    • ワーク・ライフ・バランス推進担当2名を配置
    • 完全週休2日制に移行
    • 年次有給休暇の取得促進(リフレッシュ休暇制度(3日間)や計画的付与の実施)
    • 1時間単位での年次有給休暇が取得可能
    • ノー残業デーの実施
    • 男性社員の家事・育児への積極的参加を推奨(男性社員の育児休業取得実績有)
  • 健康経営の推進
    • 社員の健康増進を勧奨(スポーツジム利用料の助成)
    • 敷地内完全禁煙の実施(施設内から喫煙室を撤去、社員が禁煙を宣言する「禁煙宣言書」の実施)
    • 社内健康講座の実施(朝礼の時間を活用し2ヶ月に1回開催)
  • 女性活躍の推進
    • 女性役員・管理職への積極的登用(役員・管理職3名のうち女性1名)
    • 社員のスキル向上のため、会社負担によるセミナーや通信教育の受講を推奨
  • 労働環境改善の推進
    • 社員アンケートの実施
    • 相談窓口の設置(ワーク・ライフ・バランス担当)
    • 社員会活動の推進(スポーツ大会、社員旅行、年6回のイベント)
    • 子ども参観日の実施
  • 能力開発の推進
    • 勤務時間内の教育訓練制度(専門と複業の教育訓練、メンター制度有り)
    • 資格手当の支給と賞与査定
    • 書評コンクール(読書のすすめ、金銀銅の賞を設定)
    • 若者活躍・シニア活躍(70歳まで再々雇用)推進担当を配置
  • 社内情報を外部へ積極的発信
    • 広報担当2名を配置
    • ホームページを活用した情報発信
    • 公的教育機関からの実習生、インターシップ生の積極的受入
    • 学校訪問活動と各面接会への参加
  • その他
    • 平成30年度「山形県ワーク・ライフ・バランス優良企業知事表彰」を受賞(平成30年11月)
    • 山形いきいき子育て応援企業 優秀(ダイヤモンド)企業に認定
    • 健康経営優良法人に認定
    • やまがた健康づくり大賞を受賞(平成31年2月)

今後の課題

 これまでは中途採用によって社員を雇用してきましたが、人材不足を解消するために新卒者やシニア層の採用にも目を向けています。
 新たに若者やシニア層を採用するにあたり、若者がどうしたら生きがいを持って働くことができるのか、また今後70歳までの再々雇用を行う上で、どうしたらシニア層の方も働きやすく活躍できる職場環境を整えられるのかといった課題があります。
 そういった課題を解決するために「若者活躍・シニア活躍」の推進委員を配置し様々なことを実行したいと考えています。

社員の方へのインタビュー

業務品質管理課 阿部 雪 さん

  • 一番助かっていることは、産後に育児休業を1年いただき、また職場に復帰した時から育児短時間勤務を3年間継続して利用させていただいていることです。(朝8時30分出社を9時出社)
  • もう一つが、看護休暇です。年間5日間取得することが可能で、突然子どもの発熱等で休む必要がある時に非常に助かっています。
ボーリング大会 山形県WLB優良企業知事表彰式 子ども参観日

一覧ページはこちら

イクボス同盟の取組み紹介「弘栄設備工業株式会社」の場合

弘栄設備工業株式会社
執行役員総務管理本部 副本部長 武田 隆平 さん

~女性活躍推進とワーク・ライフ・バランスの取組み紹介~
わが社は、社員の家族を大切にする事を第一に考えています。また、建設業界ではまだまだ少ない女性の活躍の場を広げることに積極的に取り組むとともに、家族参加型の子供見学会、感動共有事業(芋煮会)、家族交流会(温泉一泊)などを実施しています。
今後とも風通しの良い明るい職場となるよう全社を挙げて取り組んでいきます。

弘栄設備工業のこれまでの取組み

  • 女性の活躍推進
    • 社員100名のうち女性社員22名とまだまだ女性の割合は少ないが、能力に応じた役職登用を実施
      (部長代理1名、課長代理1名、係長2名、主任5名)
    • 資格取得の促進
      (衛生管理者6名、建設業経理士1級3名・2級7名、1級管工事施工管理技能士1名、2級配管技能士2名、排水工事主任技術者2名)
  • 仕事と家庭の両立支援
    • 在宅勤務制度
      (本人の希望により選択可能。実績4名)
    • 就学手当の充実
      (就学手当:小中学校 月3,000円、高校 月6,000円、大学・専門学校 月12,000円)
  • 女性の再雇用制度
    • 結婚、育児、介護などで退職した女性の再雇用(実績4名)
  • 働きやすい職場づくり
    • ノー残業デーの実施(毎週水曜日)
    • 結婚等で契約社員になった女性社員の正社員登用
  • 地域貢献活動
    • 配管材を使った流しそうめんボランティアを幼稚園、子供会等で実施
    • 山形県フロアホッケー大会への支援、参加
    • 老人施設等でのボランティア活動(除草、清掃)
    • 河川愛護活動
    • 献血活動の実施

今後の課題

建設現場ではあらゆる職種の方々が作業にあたっている為、自社だけで休日を設定することは非常に難しいことだと捉えています。
より働きやすい職場環境を整えるためには、建設業業界全体で改革していく事が重要であり、行政・民間の垣根を越えて取り組むことが必要になってくると思います。

一番助かった制度とは

営業管理本部 新立晃大さん

  • 一番助かったことは、2人目が生まれて妻が実家から帰ってくるタイミングで育児休業を取得できたことです。そのおかげで家族4人での生活をスムーズにスタートすることができました。
  • 当初は男性社員が育児休業を取ることができるとは思わなかったですし、実際に取得してみて、家族からも助かったと喜ばれました。
子ども会社見学会の様子その1 子ども会社見学会の様子その2

一覧ページはこちら

イクボス同盟の取組み紹介「山形航空電子株式会社」の場合

山形航空電子株式会社
総務部長 菊地 暢義 さん

~ワーク・ライフ・バランスの取組み紹介~
当社では、YTWL(山形航空電子トータルワークライフ)検討委員会を毎月開催し、労使間での情報交換・情報共有を行い、より働きやすい職場環境を実現してきました。
その結果、平均勤続年数19.3年、過去3年間の新入社員離職者0名につながっていると思います。

山形航空電子のこれまでの取組み

  • フレックスタイム制の導入(2015年度利用者79名/116名)
  • 配偶者出産休暇(産前6週間以内もしくは産後8週間以内の間で5日間)
  • 介護休暇の対象拡大(配偶者、子、父母、祖父母、兄弟姉妹、孫、配偶者の父母、配偶者祖父母、配偶者兄弟姉妹)
  • 介護休職の対象拡大(上記と同じ対象家族、1年までの取得回数を3回)
  • 子の看護休暇(対象期間を小学校卒業まで拡大)
  • 育児アシスト制度の充実(労働協約で決められた額を支給)
    • ①出産アシスト金(第一子、第二子、第三子以降に支給)
    • ②育児アシスト金(満3歳になるまで年1回×3年を支給)
    • ③入学アシスト金(小学校、中学校、高校入学時毎に支給
  • その他リクエーション補助金、技能御検定資格取得奨励金、体育館の無料開放など。
  • 10年、20年、30年勤続毎にリフレッシュ休暇と補助金の支給。
  • ※知事表彰を受賞
    これらの取組みとその成果が認められ、平成28年度「山形県ワーク・ライフ・バランス優良企業知事表彰」を受賞することが出来ました。

70%以上の有給取得率

毎日3交代制を4班で運用していますが、前もって休みを希望すれば計画的に取得できる体制が出来ているためだと思います。但し、正月やお盆などは、みんなが休みたい日が重なるので、担当者は調整に苦労しているようです。

今後の課題

現在45歳から55歳の従業員が多く逆ピラミッドになっているため、5、6年前から毎年10名前後の定期採用と適宜、経験者採用により是正を図っています。
但し以前と比べると採用環境が厳しくなっています。
「やまがた企業イクボス同盟」に加盟させていただきましたが、まだまだ、社員には浸透していません。会社を挙げてイクボスの役割等の周知を図り、社内でイクボスを多く育てることが大事だと考えています。

一番助かった制度とは

総務部 新田亮平さん

一番助かった制度は、「配偶者出産休暇」です。3人目が生まれた時も大変助かりました。
あとは「育児アシスト制度」ですね。お金の必要な時期にいただけるので非常に助かります。

育児休業に関しては、会社からも取得を促されています。しかし、収入が減額(無給)になるので、育児関連の休暇を取るときも、有給の「特定目的休暇」と一般の「有給休暇」を使います。ですので、育児休業を取得する人がいないのだと思います。

一覧ページはこちら

イクボス同盟の取組み紹介「一般財団法人三友堂病院」の場合

一般財団法人三友堂病院
人事企画課 課長 中山 隆 さん

看護師に選ばれる病院づくりを目指し、短時間正職員制度の導入をして9年目になります。
現在は、短時間正職員制度を活用している看護師も増え、ワーク・ライフ・バランスが浸透してきています。
日々、短時間正職員と正職員両者の声に耳を傾け、工夫・改善していくことで、より良い医療を提供できる病院づくりを考えていきます。

三友堂病院の取組み

三友堂病院の取組み

看護師に選ばれる病院づくりへ~短時間正職員制度~

 2006年の診療報酬改定の結果、全国で看護師の確保に向けて動きが活発化し、山形県置賜地域の病院では慢性的な看護師不足に悩まされることになりました。
 家事・介護の問題、労働時間の長さなど点から転職や離職につながり、深刻的な看護師不足が起こり、三友堂病院では、看護職員の離職防止と定着が急務となり、看護師から選ばれる病院になるための施策のひとつとして、短時間正職員制度の導入をしています。(平成20年からの取組み、9年目です)
 現在、看護職員の方々が制度を活用しています。

短時間正職員制度の特徴

  • 〇1週あたりの勤務時間は20時間以上
  • 〇勤務パターンは自由
  • 〇1つの業務を複数のスタッフで分担するワークシェアリングに対応
  • 〇制度の適応対象は育児・介護だけでなく、資格取得、ボランティア活動などでも制度を活用可能。
  • 〇1日の労働時間が短い、または、週の労働日数が少なくても、 正職員と同様に、賞与・退職金・有給休暇・福利厚生などが適用される。

短時間正職員制度の活用によりワーク・ライフ・バランスの実現へ

 自己のライフスタイルに応じた多様な働き方ができることで、ワーク・ライフ・バランスが実現できます。
 短時間正職員制度を活用している看護師の方々が、生活面で余裕ができると短時間正職員から正職員になる動きで、継続性が向上し「有能な人材確保と育成」が保て、医療の質の向上が図れます。

短時間正職員制度を活用することのメリットとして

  • 〇育児・介護との両立
  • 〇自己啓発…資格取得
  • 〇社会活動への参加…ボランティア活動
  • 〇健康面・体力面を考慮…無理のない働き方

病院側のメリットとして

  • 〇職員の定着
  • 〇離職率の低下
  • 〇人材の確保
  • 〇病院運営の効率化…効率的な人員配置・労働時間の管理・業務分担の見直し

地域の患者様に質の高いきめ細やかな医療の提供を目指して

 三友堂病院の関連施設である、専門学校との連携で看護師の育成と人材確保をし、仕事を続け育児をする看護師のため、安心して子供を預けられる保育所を完備し働きやすい環境を整えています。
 看護師に選ばれる病院づくりのため、病院側が、短時間正職員と正職員の声に耳を傾け、改善していくことで、業務にあたる看護師の意識が高まり、質の高い医療を提供できます。
 日々の業務体制を見直し工夫や改善に努め、より良い病院づくりを考え「質の高いきめ細やかな医療の提供」を目指して取り組んでいきます。

一覧ページはこちら

イクボス同盟の取組み紹介「山形県信用保証協会」の場合

山形県信用保証協会
総務部総務統括課 課長補佐 加藤 優平 さん

当協会では、働きやすい職場づくりをめざし、各部署ごとに「活き活き職場づくり宣言」をつくり、職場に掲示しています。イクボス宣言後、職場の雰囲気も変わり、男性の育児休暇取得者が初めて出て、ここから浸透して欲しいと願っています。

イクボス宣言をした山形信用保証協会様にお伺いし、ワーク・ライフ・バランスの実現を目指すために、どのような取組みをされているかなどを、お聞きしました。

イクボス宣言

理事長は、職場で共に働く部下の仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)の実現やキャリア形成を応援し、職員一人ひとりが活き活きと働くことができる職場環境づくりを行うことにより、「企業のちかくで、事業のちからとなる信用保証協会」を目指すとともに、自らも仕事と私生活を楽しむ「イクボス」になることを宣言しました。又、各部署ごとでも活き活き職場づくり宣言をし、家族の誕生日や、記念日など特別な日は休暇を取り、共に祝い、家族とのコミュニケーションを積極的にとる事で、業績に繋げるなど、具体的な内容になっています。


職場に掲示してあります。
各部署ごとの「活き活き職場づくり宣言」

イクボス宣言後の職員の反応は?

○育児休暇取得者(30 代・男性職員)の家族
【育児休暇取得者の妻より】
育児休暇取得のタイミングが、ちょうど私の仕事復帰の時期(私の育児休暇が終わるタイミング)と重なっているため、家にいてサポートしてもらえるのはとてもありがたいです。

【育児休暇取得者の父より】
男性が育児休暇を取得するなど、自分の時代では考えられなかった。時代が変わったのだろうね。まずはきちんと奥さんをサポートして欲しい。

○管理職(女性職員)
ワークライフバランスを保ち、元気に働いていくために子育てに父も大きく関わっていくことは、とても大事なことだと思います。いわゆる育児を行う幼い時期は、あっという間に過ぎてしまうものなので、子供にとっても親にとっても育児休業の取得については、後々貴重な時間になると思います。私自身も実際に育児休暇を取得して、そのように感じています。育児休暇を取得しやすい職場環境作りが、組織としての今後の課題とも思われます。

○同僚(男性職員)
弊社で男性の育児休暇取得第一号が出て、今回の取得により自分たちも育児休暇を取得しやすくなったのでありがたいです。

職場の様子は?

組織規定の見直しや改定を行い、職員の休暇中の人員カバーや、給料など、心配なく育児休暇や介護休暇をとれるようにしております。
これからも、職員が能力を最大限に発揮できるように、組織全体で協力し、心身の健康に配慮すると共に、コミュニケーションが図られた、風通しの良い職場づくりを行っていきます。

全職員で行うボーリング大会。
職員交流の一環です
職員旅行の1 コマです。
おいしい料理とお酒で楽しい一時です
新人職員。
元気いっぱいです!

一覧ページはこちら

このページのトップへ