やまがたの頑張るパパへ

III これから父親になる、または子育て期のパパへ

出典:厚生労働省「父親のワーク・ライフ・バランスハンドブック」

先輩パパたちの実感

パパが子育てに関わると、子供の健やかな成長・発達にプラス
  • パパとママの得意分野で子供を遊ばせることができるので、子供の遊びのレパートリーが増える
    (会社員35歳/子ども5歳、2歳)
  • パパとママが仲良しかどうか子どもは敏感に感じている。パパとママが仲良しだと、子どもの心も安定すると思う
    (会社員38歳/子ども6歳、3歳)
  • 子どもたちとの時間を大切にしてきたので、娘の思春期のパパ嫌いもなかった
    (会社員46歳/子ども18歳、13歳、11歳)
  • 保育所の送り迎えで、パパ友ができた。親同士が仲良しだと、子ども同士も仲良くなる
    (会社員41歳/子ども6歳、2歳)
  • 育児休業取得で、上の子のフォローができた。赤ちゃん返りもなく、パパに甘えてくれる
    (会社員30歳/子ども1歳、0歳)
子どもにとって
  • 子どもは、パパとママの愛情を受けて健やかに育つことができる
  • パパとママの良い関係は、親と子どもの良い関係が築かれるベースになる

先輩ママの声

パパが子育てに関わるとママも助かる
  • ほぼ同等の家事・育児分担で、10年以上。綱渡りの日々だけど、二人三脚で夫婦の信頼関係が深まったと思う
    (会社員43歳/子ども12歳、10代)
  • 夫が家事・育児を分担してくれなかったら、私の仕事と家庭の両立も難しかったと思う
    (会社員34歳/子ども5歳、1歳)
  • 子育てについて同レベルで話ができるので、自分一人で抱え込まずに済んでいる。それが何より感謝すべきこと
    (会社員39歳/子ども6歳、2歳)
  • 夫が育児休業取得で、家事・育児を体験しているので、その大変さをわかってくれている。仕事で遅くなっても、家事を手伝ってくれることに感謝
    (主婦36歳/子ども3歳、1歳)
  • 長男の中学・高校の反抗期にも、父親にはいろいろな相談をしていたようなので、母親が一人で手を焼くことなく済んだ
    (会社員52歳/子ども20歳、17歳)
ママにとって
  • ママが一人で育児の不安やストレスを抱え込むことがなくなる
  • ママに偏る家事・育児負担を解消することができ、ママに余裕ができる
  • ママに余裕ができれば、夫婦関係ももっと良くなる
  • ママも仕事を続けやすくなる

先輩パパたちのワクワク体験

子どもがいると、こんなに楽しい!
  • 休みの日に、ママが下の子の世話をしている間、上の子を連れてちょっと遠出をしたりすることも。娘を独占できる幸せを感じる
    (会社員28歳/子ども3歳、1歳)
  • 赤ちゃんを抱っこするとぷよぷよしていて気持ちが良い。ジーンと幸せ
    (会社員30歳/子ども1歳、0歳)
  • 保育所の送りの時間は、長男とおしゃべりタイム。朝のこのひと時は、「癒し」の時間であり、仕事のパワーになる
    (会社員36歳/子ども3歳、0歳)
  • パパの育児休業で上の子たちが大はしゃぎ。娘2人と手をつないで歩いていると、人間らしい何かを取り戻した気がした
    (会社員33歳/子ども10歳、7歳、5歳、1歳)
  • 保育所で娘が「今日のお迎えはパパ?」と聞いてくれるそうで、お迎えの当番の日は朝からワクワク、仕事にも気合が入る
    (会社員35歳/子ども1歳)

先輩パパたちの働きブラッシュアップ体験

子育ては、仕事にもメリット
  • 保育所の送り迎えなど「時間の制約」があるので、仕事の段取りやスケジューリングを工夫するようになった
    (会社員40歳/子ども6歳、2歳)
  • 育児休業取得にあたって、チーム内での情報の共有化や、「自分しかわからない」という仕事を作らないことが重要だと実感した
    (会社員30歳/子ども1歳、0歳)
  • 日頃から職場のメンバーとチームワークを心掛け、他の人の応援もするようにしている
    (会社員41歳/子ども6歳、2歳)
  • 子育てを通じて視野や活動範囲が広がった。それが仕事のアイデアや企画につながっている
    (会社員43歳/子ども12歳、10歳)
  • 子育てはハプニングの連続。状況判断力、瞬発力、危機管理能力、柔軟性を身に付けるには、どんな研修より効果的
    (会社員33歳/子ども10歳、7歳、5歳、1歳)
企業人としてのあなたにとって
  • 時間意識が高まり、仕事の生産性が向上する
  • 休暇取得などに備えて、チーム内での情報の共有化や、仕事の可視化などに気を配るようになる
  • 職場のメンバーの理解や支援を得るために、チームワーク、相互支援に対する意識が高まる
  • 子育てを通じて視野が広がり、新たなアイデアや企画力が磨かれる
  • 計算通りにいかない子育ての経験を通じて、状況判断力、瞬発力、危機管理能力が向上する

先輩パパたちの体験

子育てを通じて人脈や活動範囲が広がる
  • 保育所のパパ友と、バーベキューとキャンプの企画とかして、家族ぐるみで楽しんでいる
    (会社員43歳/子ども6歳、3歳)
  • 学童保育の事務局長を2年間やって、自分の住む地域との関わりが増えた。地元でたくさん挨拶されるようになった
    (会社員44歳/子ども12歳、8歳)
  • 地元に子ども関係の友達や知り合いがたくさんいる。定年退職後も、「仕事以外に人脈がない」ということは避けられそうだ
    (会社員45歳/子ども15歳、12歳、8歳)
あなた自身の生活や人生にとって
  • 子育てを通じて、自分の住む地域に友達やネットワークができる
  • 自分の住む地域での活動範囲が広がり、自分自身の拠り所が増える

仕事も子育ても楽しもう!

妊娠・出産・子育て期の父親の役割

1 オメデタです!妊娠中、父親は何ができる?

妊娠中の母体は、お腹の赤ちゃんの発育に応じていろいろな変化が起こっています。妊娠中の妻が楽しい気持ちで毎日を過ごせるようにすると、お腹の赤ちゃんにも良い影響があります。

2 いよいよ生まれる!その時、父親は?

お産の進行は十人十色。お産の始まりも経過も、かかる時間も人によって異なります。でも、平均的なお産の経過を知って、見通しを持つことは大切です。

3 いよいよ始まる子育てライフ。子育てを楽しもう!

ゆっくり、ゆったりを心がけるのが育児のコツです。子どもの成長・発達は個人差が大きいもの。家族が一緒にいて「楽しい」と思えることが一番です。

このページのトップへ